取扱いメーカー

2017年2月14日
オーエスエレクトロニクス株式会社

オーエスエレクトロニクスは、オン・セミコンダクター社より2016年の売上に貢献した企業として、ディストリビューション・パートナー賞を受賞しました。

ディストリビューション・パートナ賞は、オンセミコンダクター社のディストリビューション・チャネル販売において、販売チャネル全体をリードし、マーケットシェアを拡大し、オン・セミコンダクターが買収した製品の売上増を達成し、ビジネスプロセス全体で高い評価を得た各地域のディストリビュータを表彰するものです。2016年のディストリビューション・パートナー賞の各受賞社は、 これら目標に賛同して、製品の売上を拡大し、多大な新規取引を生み出し、顧客のニーズとオン・セミコンダクターのオペレーショナル・エクセレンスの取り組みを効果的にサポートしました。


各地域における受賞各社

  • アメリカ地区:Arrow Electronics
  • 中国:WPG
  • EMEA(ヨーロッパ・中東・アフリカ地区):Avnet/Silica
  • 日本:オーエスエレクトロニクス株式会社
  • 韓国:Serial
  • 台湾:WT Microelectronics
  • グローバル・ハイサービス・ディストリビュータ: Digi-Key
  • グローバル・ディストリビュータ:Arrow Electronics
受賞に関して関係者のコメント

滝口修 (オン・セミコンダクター ジャパン代表取締役社長)

「オーエスエレクトロニクス社は、弊社国内正規代理店5社の中で、国外を含めた顧客ビジネス・サポートにおいて、最も高いパフォーマンスを実現されました。今後もオン・セミ製品を日本のお客様により広く紹介して頂けることを期待しています。」


東海林尊信 (オーエスエレクトロニクス 代表取締役社長)

弊社の最も重要なパートナーであるオン・セミコンダクター社からのAWARD受賞はたいへん名誉な事と思います。これは日本市場における、オン・セミコンダクター社と弊社との取り組みが有効であった事の証明であり、引き続きこれらのノウハウを継承して、更なるオンセミコンダクター製品の販売拡大に努めて参りたいと思います。

ディストリビューション・チャネル販売について

オン・セミコンダクターの年間売上に占めるディストリビューション・チャネル販売の割合は、2015年は54%、2016年は約60%に当たります。世界中の当社のディストリビューション・パートナーからのサポートは、市場を拡大し、業界よりも速いペースで売上を伸ばすというオン・セミコンダクターの目標達成に不可欠です。当社がチャネルパートナと培った協力関係および先進的な販売プログラムは、この計画の欠かせない一部となっています

オン・セミコンダクターについて

オン・セミコンダクター(Nasdaq: ON)は、グローバルな省エネルギーを実現していただけるよう、高効率エネルギーへのイノベーションをリードしてまいります。オン・セミコンダクターは半導体をベースにしたソリューションのリーディング・サプライヤーで、エネルギー効率の高い、電力管理、アナログ、センサ、ロジック、タイミング、コネクティビティ、ディスクリート、SoCおよびカスタム・デバイスの包括的なポートフォリオを提供しています。オン・セミコンダクターの製品は、自動車、通信、コンピューティング、民生機器、産業用機器、医療機器、航空宇宙、防衛のアプリケーションにおける特有な設計上の課題を解決します。オン・セミコンダクターは、北米、ヨーロッパ、およびアジア太平洋地域の主要市場で、製造工場、営業所、デザイン・センターのネットワークを運営しています。迅速な対応、信頼性、世界クラスのサプライ・チェーンと品質保証プログラム、厳格な企業倫理とコンプライアンスを備え、お客様のご要望にお応えしていきます。 詳細については、 http://www.onsemi.jp/をご覧ください


オン・セミコンダクター、2016年のディストリビューション・パートナー賞の受賞社を発表

http://www.onsemi.jp/PowerSolutions/newsItem.do?article=3731
オーエスエレクトロニクスについて

当社は、1963年の設立以来、エレクトロニクス分野において、多くのお客様に優れた製品と技術を提供してまいりました。今日、ビジネス環境は急激に変化しており、エレクトロニクス業界も急速な変化をしておりますが、当社は常に時代を見据え、お客様に正確な市場情報・業界情報を発信し、サプライヤとユーザーの間に信頼関係を確立する「独自性のあるエレクトロニクス技術商社」であり続けたいと考えております。
詳細については https://www.oselec.jp/index.htmをご覧ください

このページのトップへ